子猫用のキャットフードを選ぶときに注意したい点

ペットのためのフード選び

猫のエサ

商品を選ぶ基準について

初めて子猫を飼う人にとって、キャットフード選びは悩ましい問題です。生後六ヶ月までは母猫のミルクがメインですが、それ以降は専用のキャットフードが必要になります。一口にキャットフードと言っても、様々な企業から色々な味の商品が発売されています。主食となるキャットフードだけでなく、おやつなどの栄養補助食品の品ぞろえも豊富です。また、子猫に特化したキャットフードなど年齢に応じて多種多様な商品も作られています。子猫の健やかな成長と健康を守るためには、どのようなキャットフードを選べば良いのでしょうか。人間の赤ちゃんと同じように、子猫もちょっとしたことで病気になってしまいます。体質に合わない成分が入っているだけで、アレルギーなどの症状が出ることもあるのです。そのため、子猫のためにキャットフードを選ぶ時には香料や着色料や保存料が入っていない無添加の商品を選ぶことが大事です。次に重要なのは、良質な素材が使用されている商品を選ぶということです。肉に含まれるタンパク質は、子猫の成長を促します。良質なタンパク質がふんだんに含まれる鶏肉が主成分となっていれば問題ありません。子猫にとって害になることがわかっている麦や米が入った商品は避けるようにします。キャットフードは、時間が経過すると劣化していきます。そのため、まとめて大量に購入したりせずに食べさせる分だけ少しずつ購入するようにします。新鮮さを保つために、小分けにパックしたキャットフードも製造されています。