ペット葬儀プランを選ぶときの注意点【ペットとの別れを乗り越える】

女性と犬

大切なペットを弔う

茨城ではペット葬儀を火葬車か霊園で行う人が増えています。どちらも合同か個別で火葬ができます。合同火葬の場合は合同墓に埋葬され、個別の場合は遺骨を持ち帰るかお墓に埋葬できます。仏具や仏壇などをそろえ人間と同じように供養するケースも増加しています。

詳しく見る

餌

より本格的な葬儀

大阪でもペット葬儀はかなり一般的となってきましたが、サービスの質の良さや料金には差がありますので、評判はよく調べ信頼ある業者を選びましょう。霊園や納骨堂を利用したい場合はそうした施設との提携があるかも確認しておきたいところです。

詳しく見る

猫のエサ

ペットのためのフード選び

子猫のためにキャットフードを選ぶ際には、香料や着色料や保存料などが含まれていない無添加の商品を選ぶことが大事です。また、子猫にとって害となる麦や米が入った商品は避けるようにします。子猫の成長には、良質なタンパク質が含まれたキャットフードが最適です。小分けになった商品を選べば劣化を防ぐことができます。

詳しく見る

ペット

ペットが死んだ場合

ペット葬儀は合同火葬・個別火葬・立会火葬があります。それぞれの火葬方法に特徴がある他、費用も違ってきます。また茨城には複数の業者がありますので、口コミや評判等も比較する事が大切です。近年はペット霊園の他、移動火葬者が増えています。どちらのタイプにするのかも考えておく必要があります。

詳しく見る

遺影

葬儀費用の相場や評判

大阪でペット葬儀が行えるのは公立斎場と民間斎場、訪問火葬車の3種類です。公立斎場では数千円で火葬が行え、民間斎場では数万円で火葬とセレモニーが行えます。また、訪問火葬車は民間斎場よりも若干低価格である場合が多いです。

詳しく見る

骨壺

業者を比較しておく

ペット葬儀を茨城の業者に頼むのなら、事前に業者比較をしておきましょう。料金やサービス内容を比較することが大事です。また、事前にペットの遺影や棺に入れる物などを選択しておくことをお勧めします。そうすれば、葬儀はスムーズにいきます。

詳しく見る

猫と女性

葬儀の種類とメリット

大阪でのペット葬儀は他のペットととの合同火葬、火葬だけは個別になるお任せ個別火葬、一から葬儀に係われる立会い個別火葬の3種類に分けられます。シンプルなプランほどリーズナブルで、豪華なプランにするほどゆっくりとペットとお別れできます。

詳しく見る

猫の食事について

ペットフード

購入時に注意すること

子猫は、生後一ヶ月頃から固形物が食べられるようになります。まだ母親からの授乳は必要ですが、それだけでは不足するタンパク質をキャットフードで補わなければなりません。子猫はまだ歯が弱く噛む力が十分ではないため、キャットフードを購入する際には柔らかめのものを選ぶことが大事です。子猫用のキャットフードとして、食べやすく加工された商品もあります。ハードタイプのキャットフードしかない場合には、水などでふやかしてから与えると食べやすくなります。牛乳は子猫がお腹を壊してしまうため、使用しないようにします。子猫のためのキャットフードを選ぶ際には、必ず守らなければならないことがあります。それは、穀物が使われていない商品を選ぶということです。猫は肉を主食とする動物ですので、穀物を上手に消化することができないのです。大人の猫でも消化は難しいため、子猫に穀物を与えるのは大変危険です。幸いにも、キャットフードの中には穀物が一切使用されていないものもあります。エネルギーとなる糖質はイモ類で補われているため、栄養のバランスも取れています。子猫に初めてキャットフードを与える際には、好みを知るために何種類か用意しておくようにします。最初の内は警戒してなかなか食べてくれないため、美味しいと思えるキャットフードを見つけてあげるのです。好みの商品が見つかったら、少しずつ量を増やして食べさせるようにします。無料の試供品を利用すると経済的です。